スマホで

まなぼう

源氏物語

gara00.png

今から1,000年以上も昔に、全54巻もの長編小説を書いた一人の女性作家がいました。

彼女の名前は紫式部。約10年の連載で執筆した「源氏物語」は、平安時代の大大大ベストセラー!

平安のスーパーイケメン・光源氏を主人公に、平安セレブ達は、恋に・仕事に・人間関係にドキドキ・ハラハラしっぱなし!

漫画化・映画化・舞台化されまくりのスーパーヒット作を、全9章にまとめました。

第4部(第45帖 ~ 第54帖 )

薫、匂宮の二人からの愛に揺れる薄幸の美女、浮舟(うきふね)。

答えの出ない三角関係の末、浮舟が出した答えとは―――。

平安時代のベストセラー・源氏物語の最終章です。

※ 第9章以外のあらすじは紫式部公園内「四季花壇」に設置中の看板QRコードより閲覧できます。

源氏物語関連の展示やグッズ販売は

おとなりの「紫ゆかりの館」まで!

館名ロゴ.png